◆ エンディング:君という花

最後はやっぱり盛り上がって締めくくり。
単に音源を流すだけではなく、音楽会の方々によるライヴ感覚のエンディングは、
他の学園祭ではあまり見られない(と思う)演出であり、湖風祭の特徴の一つでもあります。
今年の曲はASIAN KUNG-FU GENERATIONの「君という花」。

ちなみに、マイク持ってシャウトしてるのは委員長です。











動画を再生
(2:39 5.4MB)


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。